新婚夫婦住宅

大堀工務店が考える夫婦の絆を深める家づくり

夫婦がリラックスしながら1日の出来事を報告しあう。
そんな語らいの場を求めるなら

  • 01.注文住宅でお酒を楽しむラウンジ空間
    夫婦がリラックスしながら1日の出来事を報告しあう。そんな語らいの場を求めるなら、バーカウンターになるラウンジ空間があると会話も弾み楽しめます。日曜日にはダウンライトや間接照明など明るさをおさえた照明を使用し、普段使わないとっておきのグラスを傾け、アルコールや音楽に酔いしれながら将来の夢を語りあう。ラウンジ空間は非日常的な空間演出で夫婦の間にリラックスをもたらし、心と心が触れあうキッカケをつくります。
  • 02.注文住宅でキッチンで料理を作りながら…
    キッチンは、夫婦のコミュニケーションの場に欠かせない大切な空間です。日ごろから夫婦一緒に料理をおこなえば、2人のコンビネーションがバッチリになるでしょう!

    たとえば、注文住宅でアイランドキッチンを導入すれば、2人で食事の準備・後片付けができるスペースが生まれます。キッチンで音楽をかけて2人で鼻歌を歌いながら料理したり、夫婦で料理対決をしたり――夫が入りやすい空間をつくることで、新しい夫婦の楽しみが増えるかもしれません。

    当社が考える注文住宅では、少し大きめのキッチンと大人2人でも動きやすい動線に配慮したキッチンを設計し、調理の中から会話が生まれるシチュエーションを創造いたします。
  • 03.注文住宅で長くいられるダイニングを勉強スペースにチェンジ
    夫婦2人きりのときは、夕食後のひとときを一緒に過ごしてコミュニケーションを図る場として、子どもがいるときは親子のコミュニケーションを図る場として、お互いを干渉しあわない、付かず離れずの適度な距離感を保つダイニングを注文住宅でご提案いたします。

    たとえば新聞を読んでいるお父さんのそばで子どもが宿題をし、わからないところを質問する。すこし離れたキッチンにいるお母さんが2人の様子をうかがい、「ひと息ついたら?」と温かい紅茶持ってやって来る――。このようなシーンが日常的にあるご家庭は、絆の深いファミリーであるに違いないと私たちは考えます。
  • 04.注文住宅で寝ているあいだに家事
    オール電化住宅には時間帯によって電気料金が安くなるメニューと割引制度があります。1日のうちでもっとも電気料金が安くなる深夜電力をうまく利用すれば、食器洗い乾燥機、洗濯乾燥機などを気兼ねなく使え、家事負担を減らせ、省エネ・節電にもなります。

    「家事は電化製品に任せ、夫婦の時間をつくる」。これは決して贅沢な発想ではありません。自分達のライフスタイルを貫くために、有効な制度を活用する。そのひとつの手段としてのオール電化を活用した注文住宅とご理解ください。
  • 05.注文住宅で留守でも安心できる物干し場
    突然の雨で洗濯物が台無しになったご経験はありませんか?

    また、防犯の面から庭やベランダで下着を干したくないという声も聞かれます。そのような場合は、太陽光が降り注ぐオープンスペース(=サンルーム)を設置し、そこで洗濯物を干すことができるような注文住宅がおすすめです。

    そのほか、天窓や高い位置の窓を活用し、十分な陽射しを取り入れ、換気を積極的におこなったり、居室の天井や壁に室内干し専用のバーを取り付ける。または、洗面所を広く取り、室内干しができるスペースをつくるなど、様々な注文住宅の提案をします。
  • 06.注文住宅でIHクッキングヒーター
    火を使わないので吹きこぼれによる立ち消えの心配がなく、子どもから高齢者まで安心してお使いいただけます。

    ガスコンロよりも火力が強く、掃除もラク。熱効率がよいので短時間で調理でき、光熱費が抑えられます。もちろん注文住宅だけでなくリフォームなどにもおすすめいたします。
  • 07.注文住宅で食器洗い乾燥機
    少量の水で食器が洗えるので、手洗いに比べて水道代がお得です。電気料金が安くなる夜間から深夜帯にセットしておけば、電気代も抑えられます。
    注文住宅で、自分の動きや好みに合った食器洗い乾燥機はいかがでしょうか。
  • 08.注文住宅で浴室暖房乾燥機
    水はけのよい床と壁、換気・涼風の自動運転で浴室を除湿し、カビの発生を防ぎます。浴室を乾燥室として利用することもでき、梅雨の時期の衣類乾燥に重宝します。
    また、冬の時期に暖房機能を使って室内を温めておけば、高齢者の入浴時に発生しやすいヒートショック※の心配もありません。

    ヒートショック
    暖かい環境から寒い環境への移動など、急激な温度差によって血圧や脈拍が上昇すること
    暖かい脱衣所(着衣)と寒い浴室(裸)の温度差で生じることが多く、高齢者の死亡事故原因の上位を占めています。

無料相談会

お見積もり

お問い合わせ

0238-88-1255